Top >  ケミカルピーリングの種類 >  サリチル酸ピーリング

サリチル酸ピーリング





サリチル酸とは、医薬品としては初めて合成された有機化合物の一つ。
解熱、鎮痛作用に使われてきた薬品です。

エタノールに溶解させてピーリングに使われていますが、ピーリング後の
痛み、刺激、炎症などが強く、効果が高い反面、ダウンタイム(日常生活の
制限)が大きいため、気軽に施術を受けるのは難しいと言われています。

 

@cosmeクチコミランキング(2010年版) 使ってよかった化粧品

 

ケミカルピーリングの種類

ケミカルピーリングとは薬剤を用いるピーリング。
薬剤を皮膚に塗布して行われます。
使用する薬剤、またその濃度によってピーリングの深さが変わります。

ここでは代表的なケミカルピーリング薬剤をとりあげました。



関連エントリー

AHAピーリング サリチル酸ピーリング サリチル酸マクロゴールピーリング TCAピーリング