Top >  ピーリングとは >  ピーリングの歴史

ピーリングの歴史

ピーリングの歴史 女性なら誰でも耳にしたことがあるピーリングですが、本格的に 研究されたのはここ120年ほどのことなのです。

当時ドイツ人皮膚科医のUnnaがフェノール酸、サリチル酸を使った 肌の再生を医学的に書き表したことがきっかけで、それまで民間療法でしか なかった“ピーリング”が専門家の研究対象となり、処方として 広がり始めました。

1960年代の始めに、アメリカでフェノール酸を使ったピーリングについて 施術前後の写真が形成外科学会で発表され、大きな話題となりました。

これをきっかけに、、医学界でもピーリングが一つの治療として 注目され、研究対象となりました。

その後、アメリカの上流階級を中心に、ピーリングのブームが起こります。

1970年代始め、アメリカでのピーリング研究が進んだ結果、 トリクロール酸(TCA)が使われ始めます。 (ちなみに、トリクロール酸が初めて治療に用いられたのは 1900年始めの頃だそう。しかしながら、その後一般の人には浸透せず、 脚光を浴びる迄かなりの歳月がかかっています)

この数年後にアルファハイドロキシ酸(AHA)によるピーリングが認知 され、これをきっかけにアメリカで第2次ピーリングブームが 巻き起こりました。

 

@cosmeクチコミランキング(2010年版) 使ってよかった化粧品

 

ピーリングとは

女性なら一度は耳にしたことがあるピーリング。

肌がとてもきれいになる、というイメージはあっても、実際に
ピーリングって何をするのか、どうなるのか、ピーリングを
きちんと理解している方は意外に少ないのではないでしょうか?

ピーリングには顔の皮をむく?なんてちょっと怖いイメージもありますね。

まずはピーリングを正しく知ることから始めましょう!



関連エントリー

ピーリングとは? ピーリングの歴史 ピーリングの起源 日本でのピーリングの広まり